戸谷 昌弘|

藤小西商店 代表取締役 戸谷幸明 初孫として昭和31年 東京都新宿区歌舞伎町一番地に生まれる。武蔵野市吉祥寺の成蹊小学校からエスカレーターに乗り、両親は3代目後継者として成蹊大学まで進学を望むが、不幸にもドロップアウト。

酒屋のせがれでありながら酒の事も知らず飲めず、飲むとすぐに赤くなる弱さ。1977年より海外へ島流しの刑に・・・。米国私立カリフォルニアサンディエゴ大学卒。英国での2年間の生活でヨーロッパ中を歩く。そこで出逢った友人達の中でお酒の本当の楽しみ方を体験。

1985年、帰国。現在に至る。

「・・・気が付くと、父親の罠にはまり、一時帰国のつもりが知らぬ間に家業に従事していました。店内は日本酒、焼酎を始め世界中の酒を取り扱っておりますが、個人的にヨーロッパ生活ではまってしまったワイン中心の酒屋のスタイルになっています。

自己流のワイン感において、好奇心から未知の国のワインに興味を覚え、その国の歴史・地理的バックグラウンドを知りながら味わう事が大好き。学生時代に勉強しなかった反動からでしょう。

店には約10カ国のワインが並びます。よく聞かれますが、好きなワインはその時の気分で変わるので答えられません。あるワイン評論家の様にポイントでそのワインを評価する事はしませんし、スポンサーの見える専門誌の評価も信じません。どの生産者もまずいワインを造ろうと思っている方などいないはず。どの価格帯でも自分が納得した香り・味わいで、生産者の顔が見えるワインを選ぶ事をポイントとしております。

お酒が生活の一部であるヨーロッパ流の素敵な楽しみ方を提案中です。ワイン選びに見栄っ張りは禁物。その日のご予算、一緒に楽しまれる相手、シチュエーション、季節などによって、ベストなワイン選びのお手伝いが出来る様、心掛けております。お酒はあくまで趣向品ですので、ご遠慮なくE-mailにてお問い合わせ・ご相談ください。お顔の見えぬ方へご希望に近いワイン選びをお手伝いさせて頂いております。アナログとデジタルの融合店の様な専門サイトになればいいなと思っております。お蔭様でアクセス件数は増え続け、北海道から石垣島までワインを送らせて頂く様になりました。

お顔の見えぬお客様ですから、時間的な便利さより届いた時の喜びを最重要と考えます。そんな貴重なお客様に恵まれ、幸せを感じますと同時に緊張感の走る毎日ですが、単なるご注文だけでなく、暖かい近況報告など頂ける事が私のエネルギーです。

『ワインを買うなら“あいつ”だ』

そんな男になってみたいというのが自分の夢です。ワイン界においてはハンドルネーム“MASA”として気まぐれに出没中!」

生涯酒屋として、2003年11月店内に念願の“Standing Bar Petit Konishi”をオープン。その日飲みたいお酒を酒屋価格で気の利いたお食事と共に楽しめる熱いスポットにするべく奮闘中。